熱いうちに吉村な件

時間が経てば経つほど何言っても卑怯になっちゃうんで、やっぱ今のうち思ったこと言っといた方がいいかなと思う。これの件ね。

「あらゆる意味で間違ってる」と言った。やっぱちゃんと言った方がいいよね。

まず、最初のミヤネ屋での記者会見ライブ映像をみて、私が何を考えていたか。「たりめーだ…、てこたあねいかい?」である。これほんと。

翌日、翌々日(今日)での釈明や補足説明を聞けば聞くほど、「あらゆる意味で間違ってた」という感想は強化される一方なのだが、結論としては「プレゼン下手」に尽きる。本質的には「あらゆる」というか、実際は「プレゼン下手が全部を台無しにした罪」が問題だと思っている。

念のために言っておくと、「ポビドンヨードはコロナ対策に効果がある」ことについては、最初の発表時点からまったく疑ってない。のちの説明でもこれは覆ることはなく、「やっぱりね」が強化されていくだけである。なんつーの。「そりゃそーだべよ」としか言えないというかね。

ツッコミポイントが予め100%想定できるかなり稀有なケースであるにも関わらず、それを想定していないかのような説明。知事の説明は、ことごとくポイントを外してる。つまり、強調すべきポイントは「全部、ソコジャナイ」。そして、大阪はびきの医療センターの「検証」は、科学的であるかどうかすら危うい

翌日以降の釈明が既に結構ちゃんと説明してるので、まぁ今更ワタシがあれこれ言うのは野暮かとも思う。知事が「当たり前じゃないかとおっしゃる方がおられるのですが」の件、これに尽きるのだ。ちょっとでも頭を使える人はおそらく等しく、「たりめーだ、なにいってんだこいつ」と思ったに違いないわけである。そりゃそうだと思わんか? 「口腔内を消毒し、唾液PCR検査をする」というのが、本質的に「試験官に唾液を採取し、ポビドンヨードをぶち込んで、不活化具合を調べる」のと何がどう違うのか、という説明がなければ、どこの素人でも「たりめーだ」という感想にしかならない。全ての今の混乱は、これに端を発しているのだ。

ワタシに至っては、「その唾液PCR検査、偽陰性と同じことにならんのけ?」という疑いすら持った。これを言ってる専門家はいなかったみたいだが、そう思った一般人は結構多いんじゃないかと思う。「そうなるはずのことを試してみて、実際にそうなった」ということは確かに言えてる。つまり「消毒効果が確かに口腔内で消毒効果を発揮した」ということは言えた。これを「そりゃそーだ」以外に、なんと表現出来るというのか。

まず、大阪はびきの医療センターが主として狙っている「重症化阻止」の側面については、これは「もっとちゃんと真面目なサイエンスをしてくれ」としか言えない。この目的には「唾液PCR検査」の結果だけに頼ったらアウトだろうよ。

一方で、「感染者の感染力を弱める」効果はこれは「疑う余地はない」のだから、知事はここだけを強調すべきだったのである。そして、だとするなら、最初の適用相手はたぶん今選んでるのは合理的でも最適でもない。これは色んなコメンテーターも触れてたが、「自宅療養者に使わせる」のが最も手っ取り早い。まぁこれの効果を「証明する」のは難しいだろうけどね。(「ポビドンヨード不使用群」の方が集団感染を起こしやすい、という証明なので。)

正直、最初の会見以降で、「消毒効果が確かに口腔内で消毒効果を発揮した」以上の効果があった「と言いたいらしい」ということは、やっと伝わった。はっきりいって宮根誠司の誘導尋問なしで、最初から説明すべきだし、出来たはず。おそらく、何か例え話を使うんであれば、「工場の生産能力を剥奪する効果があった」ということ、つまり「口腔内でのウィルス再生産の阻害効果」ということなのであろう。最初からそう言え、て話であって、吉村知事の釈明は、まるでそれを汲み取らなかった聞き手が悪いと言いたげで、どこぞの大臣の「(それはてめーらの)誤解です」発言と全然大差ないのだぜ?

コロナ対策に対する「武器が増える」ことに対する歓迎の気持ちも大きいだけに、今回の大阪府・市の「会見の残念っぷり」が際立った、まぁそういう話。「ポビドンヨードはコロナ対策に効果がある」、これはそうだと思うよ。


翌日追記:
一緒に書くつもりだったのに忘れてた…。

2つ。

まず、「自宅療養者に使わせる」以外の使い方について。これは要するに「大声を出す娯楽・仕事」に対する利用奨励ね。たとえばカラオケボックスで「ご自由にお使いやがれ」サービスを提供することを推奨する、であるとか、あるいは(元よりリスクが高いと考えられている)声優が収録前に使うとか、あるいは、まさに「劇場演劇」の演者に使わせる、とかね。無論「会食」時、すなわちレストランにおける「ご自由にお使いやがれ」サービスの励行、てのも考えてもいい。なんでサービス提供者側のことばかり考えちゃったんだか、と思ったのよね。

もう一つ。「ポビドンヨードでコロナ対策」が「何を不要にしうるか」の話。なんでこれを言わないんだろう、とすごく疑問に感じながらみてたんだが、書き忘れちゃったの。そう、「マスク」だよ。飛沫のウィルスを減らす(なくす)ということに価値を見出しているのだから、これは「マスクをするわけにはいかない状況」に対する救世主なわけよ。会食がそうだし、演劇がそうだよね、マスクを不要にする、というか「演者がマスクしてたら成立しない」シナリオの方が圧倒的大多数なわけであるし。つまり、「マスクが使えないケースで使えますっ、さっすが救世主」ということを強調してたらさ、もっと皆すっと理解したと思うんだなぁ。