ffmpeg で映像可視化

見えとるやん。

見てもらえばわかるしょや:

これもまぁ結構前から作り始めてたんだけど、ペンディングにしてたヤツが出来たのでそのタイミングでお披露目。

「オレ式な動機」からしてもそうなんだけれど、所詮はこういうのは「デバッグ的」な目的で使うのが、まぁ主食なハズね。ただ「視覚効果の一味」と考えるのもないではなくて、「かっちょいいやつなら」。

あと「なんでオレ的にこれやり始めたか」は本当は「音声の可視化するんなら映像もっしょ」つー、いわゆる「偏執狂的指向」から。ただ結果的に比較だとか色調整のデモで「効能をわかりやすく見せる」ために結構使った/使えた。オシロスコープがわかりやすいね。ちょっと融通利かないところもないではないけれど。