「Paint XP: Classic Microsoft Paint For Windows 7」を見つけてみた

ワタシのサイトもそうなんだけれど、なんで情報検索して日本語サイトがヒットすると「てみた」ばっかなんだろうか。

Windows 7 を使うようになって、「モダンな MS Paint」が退化したと思っていた2つのこと:

  • サイズ直接指定での、「キャンバスサイズだけ変更」が出来なくなった。
  • 色反転が「見当たらなくなった」。

しかしながら後者は選択状態で右クリック、で出来ることを、ついさっき知った:

modern-mspain-invert-clr

絵でやってるように、選択領域だけを反転出来る、ということを強調したインターフェイス、ということにはなり、まぁこれはつまり、(「わかりやすさ」だけのこととはいえ)進化だったんだね。

退化ではなくて、「バグ」もあって、表示の拡大率が100%でないときのサイズ変更がおかしい、というのもあって、これも地味に嫌らしいのだけれども、これを除けば機能的な「退化」はつまり、「サイズ直接指定での、「キャンバスサイズだけ変更」が出来なくなった」だけなのだが、これはワタシは多用するので、たったこれがないがためだけに「ペイントより高機能「過ぎる」」ものたち、たとえば GIMP などを使ったり、それがいやなので「MS ペイント程度には簡易な代替品を探し回ったり」したり、それだけのために ImageMagick を使ったりとかいい加減いやけがさしてた。

で、そんな動機でもって、「MS Paint classic」なんて検索をかけて見つけたのが Paint XP で、英語版しかないのはご愛嬌としても、まぁもの自体はまったくもって期待通りのもの:

なんだけど、なんだかこれの配布がお馬鹿なことになってて、意味もなく苦労した。

まずそもそもはこの情報はこのサイトから:

このサイトより、ダウンロード先としてこんなふうに誘導される:

上のリンクが本家で、下の「Direct Download Link」が文字通りダイレクトにダウンロード出来るリンクなのだが、

  • Direct Download Link からダウンロードすると本日時点最新の 1.5 でない 1.4 へのリンクになっていて、このインストーラ起動時に結局「最新を持ってくるか?」と聞かれる(これはうまくいかない)
  • 本家サイトの Download リンクは PHP によるダイナミックなダウンロードになってて、これが現在「ウィルスバスタークラウド WEB」にブロックされる。

仕方なくもうちょっと探していたら、

というダイレクトリンクを見つけた。ゆえ、当然のごとく

を試み、これ自体は期待通り。ただし…。老舗でもメジャーでもない「フリーソフトのホスティングサイト」にありがちなアレ。つまり、間違って広告の方をクリックしないように注意:

にしてもなぁ、こういう「確実に間違えるように工夫」したレイアウト、馬鹿なんじゃないか、と思うよ、ほんと。二度と訪問するか、と怒り買うだけだと思うんだけどね。