あー、良くない良くない、それって良くない

なんだこのタイトル。

前々から思ってたことなんだけど、「本気で書いたまともなもの」が良く読まれるのはよしよし、と思うんだけれど、何の気なしに書いた、本人的にはまったく力入れてない記事が人気(?)になって戸惑うことが結構ある。

よ、そりゃ。全部をおんなじ力で書いてるわけじゃないもん。だって日記だしさ。

ワタシの「青春の主張」(別名老人のたわごと)がどう読まれ、どう共感されたり反感持たれたりしてんのかはあんまし知りたくない(だからこそコメント受付とかしてない)んで感想的なものを検索なんかしないんだけど、ちょっとよろしくない傾向もある気がする。ちと毒付いたものが時折人気を博してしまう気がする。うー、そんなつもりじゃないんだが。

なんつうのかな、ワタシが「攻撃したくなるもの」って実際にはタイプは全部一緒で、「見え方は違うもの」だったりすんだけど、ときどきそれがクリーンヒットしてしまうことがあるのかもしんない。(一言で言えばワタシの攻撃対象はいつでも「わかったフリ(知っているつもり)」です。これの進化系が「人の話をきかない」、「コミュニケーションが取れない」なんだけど、割と根っこは一緒なのですよ。)

もうちっと毒付かずに楽しい記事を書きたいもんである。ってダメ? (これを楽しみに読んでる人がいたりするとね、どーなのよ、てか。)



Related Posts