例外を投げるから安全ではない、てこたぁなかろ

Python 2.7 ドキュメントの「組み込み関数」で。

原文が結構更新されているんで追従しようとしてるとこ。その中にこんなのがあった。

旧:

新:

ごもっとも。「例外を投げるので安全ではない」なんて小学生並みの論理だ。なんでこうなった。

ただこれ、「.. note::」でなくなったのは「74721 (98c574ba45fc) Clean-up docs for input() (2012-02-02)」でのことなんだけれど、原文の言い回しは何も変わってないんだよね。ずっと

This function does not catch user errors. It expects a valid Python expression as input. If the input is not syntactically valid, a :exc:`SyntaxError` will be raised. Other exceptions may be raised if there is an error during evaluation.

のまま。訳文は随分昔のものなんじゃないかという気がする。(Mercurial の履歴から追っかけるのがもういやになるくらい昔だろう。) 新しい訳はアタシが改めて行ったもの。

なんにせよこのドキュメントの変更ってさ、ニュアンス全然変わるよね。これをみてビビって使わない人、多かったんじゃないのかな、って気がするけど、新しいドキュメントは「当たり前のことしか言ってない」ので、「わかって使うことが出来る」でしょ。